男の人

会計ソフトでコストカット|企業にオススメのシステム特集

様々な問題点を一挙に解決

男女

ワークフローシステムを取り入れると様々なメリットを得られます。直接的なメリットは、コストの削減や、承認スピードの向上などですが、間接的にも社内のルールが整理できるといったメリットが多数存在します。

詳しくはこちら

効率化は使う人ありき

オフィス

ユーザビリティを考える

ワークフローを導入する際には、パソコンなどシステムに不慣れな人でもストレスなく使用できるようなシステムを構築する必要があります。利便性や効率化だけを追求するとユーザビリティが極端に低くなります。そのため利用者が難なく利用できるシステムにすることが最も全体最適化につながります。操作が難しいとシステム上に関わる時間は短縮できても入力などに手間がかかってしまうことになり短縮につながらないこともあります。そのため、利用者の操作性を何度も試行錯誤を繰り返し行うことが大事なのです。メンテナンス性も問われます。業務の追加や拡張の際に工数をかけずにシステムを回収できるかがポイントとなります。企業において業務内容の変更は日常的に行われます。

設計時に加味しておくこと

組織変更や体制変更、人事異動など定期的に行われるものや業務の拡充による対応などシステムの変更を理由に遅延させることはナンセンスです。そのためわかりえる変更対策に対しては簡単に対応できるような汎用性を持たせることと、業務の拡大などが行われた場合にどれだけスムーズに変更できるかを事前に確認しておくことが必要になります。またワークフローの導入では処理状況が一目でわかることもメリットです。そのためワークフロー上で証跡確認や処理状況を権限を持った人がリアルタイムで確認できることが必須要件となります。最後にシステム連携の機能です。ワークフローは業務効率化のシステムです。しかしすでに稼働しているシステムなどとの互換性を行わないと使いにくいシステムになってしまうのです。その他にも、管理を楽にすることが出来るものとして人気があるものに会計ソフトが挙げられます。会計ソフトは多くの企業で導入されており、利用するソフトによって機能が違ってくるためインターネットから調べて利用すると良いでしょう。また、インターネットではどういった会計ソフトが適しているのか簡単に調べることが出来るため積極的に活用することが望ましいといえます。

開発したそのあとに

パソコンを操作する女の人

発明品の特許を得るために特許申請をしてもすぐに受理されるわけではありません。審査や査定をパスするのにはだいたい一年半から二年半程度の時間がかかると言われています。しかし、この特許権があるおかげで発明者は発明品の利益を独占することができ、それがモチベーションとなって技術全体の底上げにつながっています。

詳しくはこちら

特許とその申請

2人の女性

企業において継続して利益を上げるためには、特許申請しその権利を保護してもらう必要がある。この特許申請では、申請する技術内容や申請書作成など労力がかかり、経験も必要になる。その為、サポート会社の活用が有効である。

詳しくはこちら